保育士の年齢制限について

  • 保育士の年齢制限

    保育士に憧れている人も多く、保育士になるには年齢制限があるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。
    保育士になるためには年齢制限はありません。
    実際に20代から幅広い年齢層の人が働いています。
    保育士は子どもを相手にする仕事となるので、体力が必要になります。
    そのため、年齢によって体力がなくなってくると、保育士の仕事が辛いと感じるかもしれません。
    しかし、年齢が高い保育士の場合、保育園に預けるお母さんよりも保育士が年上になることが多く、人生の先輩となる保育士はより安心感を持ってもらえることが多いです。
    様々な経験をしてきた保育士は、社会経験や子育て経験を保育士の仕事で活かすことができるでしょう。

  • 保育士になるには

    保育士になるためには、保育士資格が必要になります。
    保育士資格を取るためにも年齢制限はありませんが、受験資格はあるため、事前に確認しましょう。
    また、保育士資格を持っていても保育園によって、就職に年齢制限を設けていることがあるので、行動に起こすことが大切です。
    社会人から保育士になるためには、様々な方法があります。
    まず、大学や短期大学、専門学校などの保育士養成施設に入学する方法です。
    その場合は、卒業することで資格と取得できるようになっており、保育士として就職することができるでしょう。
    他にも、保育士試験を受け、保育士資格と取得することで保育士として働くことができます。
    その場合は、保育士とは関連のない学部や学科であっても国内の大学、短期大学を卒業していれば受験資格が認められているのです。
    大学や短期大学に行っていない場合でも、高校を卒業していると、定められた保育施設で2年以上の実務経験があれば、受験資格が認められています。
    他にも、最終学歴が中学卒業の場合は、定められた保育施設で5年以上実務経験があると受験資格が認められているため、保育士になることができます。
    保育士になるためには、年齢制限はありませんが、早めに行動したほうが就職に有利になるでしょう。